カイカブログ

フリーランスデザイナー カイカデザインのブログ
デザイン、html、wordpress等についてほとんど役に立たない単なる感想レベルのたわごとを綴っています

ワーケーション制度で和歌山県に娘と二人で行ってきました

こんにちは。前回の記事から一体何年経っていることやら…(ガクブル)
色々と書き溜めているのですが、それは追い追い公開していくので、今回は比較的最近の出来事をば。
ものすごく長いので、気が向いたところで離脱していただいても構いません。

実はこの8月下旬に和歌山県のワーケーション制度を使って、所属している制作チームQriousのデザイナー合宿に参加してきました。
子連れで和歌山県田辺市に3泊4日のワーケーションです。

まずは簡単に前提から

産後しばらくしてからフリーランスの女性クリエイター集団Qriousに参加しています。
このチームは全国各地にメンバーが点在しており、今回のワーケーションに参加するメンバーは私以外全員西日本在住。
ボス(愛媛在住)、マネージャーのお姉さま(松山在住)、デザイナー2名+0歳9ヶ月の赤ちゃん(どちらも生粋の関西人)、そして私と2歳半の娘、の構成です。
偶然デザイナーしか参加しなかったので「デザイン合宿」となりました(笑)

初日

◆1.羽田から南紀白浜空港へ

今回は飛行機で行きます。羽田-南紀白浜空港75分の旅。南紀白浜便は1日3便しかないのがちょっと厳しいですね。何より料金が高い。。
娘は昨年飛行機デビューしていて、幸い順応してくれていたのであまり心配はしていませんでした。むしろ娘と1on1で飛行機乗る自分が心配だよ…!!!
と、内心ハラハラし通しでしたが特にトラブルもなく無事南紀白浜到着。
空港にマネージャーがお迎えに来てくれたので、レンタカーに乗って、合流地点の赤木渓水郷へ。
赤木渓水郷で関西メンバーと合流! 今回もう1組となる子連れ親子ともご対面。9ヶ月の女の子に娘も興奮して嬉しそう(笑)
全員揃ったところで流しそうめん、、というか循環そうめん?をいただきました。
そうめんは娘も大好きなので大人1人前分ペロっと食べていました(笑)。

◆2.鮎川山荘チェックイン

昼食後はオムツや明日の朝食などの買い出しでスーパーに寄り、そのまま宿へ。
初日と2日目の宿となる鮎川山荘です。

一棟貸しのコテージなので、未就学児連れも安心。
天井も高く、広々としているので早速キッズたちはハイハイしてます。いや、娘よ、君はもうそんな年齢ではなかろうよ。。
ロッジの裏手には大きな川が流れてますが、ここのところ全国的に雨続きの為川の流れか速く、水遊びは断念。それでも手で水に触るだけなら、ということで娘と川に向かうことに。
川の奥に広がる山と、さらに奥に広がる青い空。冷たい川の水に手をひたしていると和歌山に来た実感が湧いてきます。娘は足元の小石をぽちゃんと水面に投げて大喜びしています。

◆3.田辺弾丸ドライブ

荷ほどきも終えて夕方にさしかかってきた頃から再び外出。
アドベンチャーワールドへ向かいがてら円月島、三段壁も観光しようという計画。
が、しかし、私は無免許&運転経験なし、加えて方向オンチ(笑)。ドライバーであるマネージャーも初めての土地なので土地勘がありません。こちらの車はそんかな2人と娘だけなのでナビ役は私。一応レンタカーのナビに行き先を設定するも電話番号登録なので、公式サイトの連絡先は商工会などの番号だったようで、Googleマップでのゴールと真逆の方向にナビされてしまう事態に。カーナビは今回は無視してGoogleマップを必死に追うことに。

同行車から遅れること数十分、それでも千畳敷、円月島、三段壁はちゃんと堪能できました。

円月島
三段壁

◆4.アドベンチャーワールド

ナイトアドベンチャーでパンダ、イルカ、ペンギンなどを見て回ります。
ここまでほとんど娘を抱っこして回っているのでさすがに腕が疲れてきました。元々あまり昼寝をしないタイプですが今日は初めての場所や初めて会う人に囲まれて、ますます寝る気配もなく。それでも疲れはあるから抱っこ魔となり、動物よりも私の肩に顔を埋めたりしています。せっかくパンダが二頭も間近で見られるのに。それでもイルカやペンギンのコーナーは楽しそうに自分で歩き回って見ていたのでよかった。

当初の予定ではパーク内で夕食でしたが、ほとんどの飲食店が店じまいを始めていたので、パークを出て車で走って見かけたファミレスで取ることに。
子連れ旅は時間に余裕を持って…。

◆5.娘、まさかのパパシック

初日からさっそく予定外の連発で宿に戻ったのも21時を過ぎていました。
すぐに相部屋の子連れメンバーと一緒にお風呂に入って、子供を寝付かせる。
電気を消すと娘が急に「パパ…パパ…、パパに会いたい…」としくしく泣き始める。色々なだめるもやがて号泣に変わる。パパっ子だけどまさかここまでとは! 相部屋の赤ちゃんは娘の泣き声に反応して「ンー!!」と怒っている模様。メンバーは娘の泣き声に笑いを堪えているが忍び笑いが聞こえてきました(笑)

起こしてしまわないか気がかりでしたが赤ちゃんは娘の泣き声の中、無事に寝付き、メンバーが離脱していきました。それを羨ましく思いながら娘が落ちるのを待ちます。
どのくらい時間が経ったのか、娘が寝付いたのを確認してから簡単にメールチェックをして下のフロアへ降りました。

単身参加組はいい感じに出来上がっていたので、まだ正気を保っていた相部屋メンバーとゆっくりとりとめない話をしました。
日頃チャットでやり取りはしていたけど、面と向かって話すのは初めて。仕事や育児や色々な話ができました。

3日目のイベントの打ち合わせはまったく出来ていないまま就寝。

2日目

◆1.クオリティソフト見学

2日目はクオリティソフトのオフィス見学から。
この日は車のメンバーチェンジで昨日とは別の車へ。こちらのドライバーとなるメンバー(Webデザイナー)はQriousに参加して間もないので本当に初めまして。お互いの話をしながら、今日は迷わず(笑)目的地に到着。

クオリティソフトさんは東京の企業でしたが、白浜に会社の大半が移転。海を裏手に、広々とした敷地に田辺の木材をふんだんに取り入れたオフィスは居心地が良さそうで、東京にはない開放感があります。

どこでもドアがあったり、素敵な木製のロッキングチェアがあったり、お手頃な値段で買い取りたいものがちらほら(笑)

昼食をこちらの社員食堂「くおり亭」でいただきました。
地元の人や観光客も入り混じって、もはや社食ではなくカフェと呼ぶべきかと。味もカフェランチのように美味しかったです。

◆2.熊野本宮大社、紙漉き体験、大斎原参拝

昼食後は熊野方面へ。車で1時間ほどかかるそう。ちょうど雨が強くなってきたので到着する頃には止んでいることを願うばかり。
目的地に到着。晴れ女(赤ちゃん)が目覚めたようで天気も一時的に晴れに。
まずは「おとなし」さんで紙漉き体験。初めての紙漉きは思っていたよりコツが掴みやすく、大きな失敗もなく完成。紙漉きが終わった人から和紙の栞作成をさせてもらえます。娘の分もやらせてもらえたので一緒に制作。ステンシルのように絵の具をトントン紙に叩きつけ、型をはみ出さずにできました。

その後は熊野本宮大社、と大斎原参拝へ。熊野大社の168段の石段を娘は軽々と登って行きました。下りは抱っこでしたが。。
歴史オタクとしては和歌山に来て熊野本宮大社をスルーするなんてオタクの風下にも置けないので、10kg以上の娘を担いででも!の意気込みで向かいました(笑)。那智の滝にも行きたかったけど、スケジュールと子連れ旅ということで今回は断念(泣)。いつかリベンジしたい(怨念)

◆3.海鮮れすとらん勘八屋で夕食

熊野方面からはまた田辺に戻り、そのまま夕食に。海鮮れすとらん勘八屋に行きました。やはり一度は食べておきたい海の幸。娘にも海ぶどうを分けたら独り占めされてしまいほとんど食べられませんでした。。周囲の大人はびっくり。

◆4.今夜もパパシック

今日は昨日よりは早めに動き、お風呂、寝かしつけも普段に近い時間帯で進められました。しかし今夜もパパシックで号泣。それでも日中の移動で疲れているのか昨日よりはすぐに寝てくれました。
寝たのを確認して早速下の階へ。明日のイベントの打ち合わせに何一つ参加できていないので今夜こそは話を聞かねば。photoshopの機能や好きなデザインテイスト、仕事でのあるあるネタなど多いに語り、爆笑し、大変有意義なMTG(?)となりました。
やはり対面でないと雑談からphotoshop機能の話には繋がらないので、実際に会って一つ屋根の下で寝泊まりして、話すことって大事ですね。特にデザイナー同士ってなかなか同業者で会う機会がないので(あれ、私だけ?)、今回は現役バリバリの同業者と72時間以上一緒に過ごせて本当に楽しかった。。

3日目

◆1.BigUでのデザインイベント

3日目の朝はなかなか娘が起きられず。なんとか起こして車に乗るもBig Uへの移動中車内で娘が吐いてしまいました。車酔いというより疲れが溜まっていた模様。ちょうど別宿に移る日だったのでスーツケースも載せていたのが不幸中の幸いで、BigUに到着するや否や親子でトイレに駆け込み着替えます。着替えて気分が切り替わったのか、顔色も良くなり通常の反応に戻り一安心。

イベント開始。娘もメンバーに慣れ、相手しておいてもらえるくらいにまで懐いてくれていました。 娘のことで頭がいっぱいで、ようやく目の前のイベントに頭が切り替わります。何も考えていない(笑)。ちょくちょく抱っこをせがんでくる娘をうまくかわしながら登壇。登壇しながら参加者に個別対応もしますが、娘がまとわりついてきてなかなか手取り指導、というわけにもいかず。個別にお話ししていると話も弾みますが、いいところで「うんちでた」。デザインイベントでまず聞くことのない単語が発生。参加者さん、聞き苦しい単語を失礼致しました。。。

イベントは予定よりも進められなかったものの、なんとか終了。登壇側も参加側も子連れという試みとしては大成功ではないかと個人的には思っています。

◆2.紀州備長炭記念公園でBBQ

イベント後はこれまた車で40分ほどかけて紀州備長炭記念公園へ。これまた走行中に雨が降るものの、バーベキュー広場には屋根があるので天候に左右されないところが良かったです。
備長炭釜見学もさせてもらえたのですが、娘が退屈してしまったので早々に退散。
バーベキューでは娘がテーブル全員分のトウモロコシとソーセージを食べ尽くすという異常事態に。みなさんそれでも嫌な顔せずどんどんこちらに食材を回してくださり感謝しきり。まだ肉の美味しさに目覚めていなかったのが不幸中の幸いでした。
現地のクリエイターさんの娘さんに遊んでもらって、なついたところで本日のメインイベント終了。
参加者さんからお土産でもらったミニケーキ「デラベール」美味しかったなぁ。

◆3.秋津野ガルテンへ

バーベキュー後は山道をぐるぐる下ってとれとれ市場へ。とれとれ市場でさっとお土産を買い、本日の宿、秋津野ガルテンへチェックイン。

学校を利用した宿泊施設で、いろいろなワークショップや取り組みをされているようです。もっとスケジュールに余裕があったらぜひ中を見学したかった。。

ガルテンで夕食をいただき、今朝汚してしまった洗濯物を洗うためにコインランドリー探しへ。
これが思っていたより見当たらず、思いがけず夜のドライブになってしまいました。
洗濯物が乾くまでの間に一度子連れ組は宿に送ってもらい、お風呂と寝かしつけ。単身参加組が洗濯物を預かってくれました。感謝。
今夜は流石に疲れたのかパパシックにかからず、嘘のようにすぐに寝入ってくれたのでそそくさと隣の宴会部屋(笑)へ脱出。すでに出来上がって沈没している者もいましたが(笑)、起きているメンバーで本日の反省(?)や感想などを語りあった後は、思い切りプライベートな話で盛り上がる。あともう2晩くらい続いても良かったのに。

4日目

◆1.朝イチで南紀白浜空港へ

飛行機の時間の関係上、私と娘は朝食をとらずに空港へ向かうことになりました。
メイクもせず、車に。3日間相部屋だったデザイナーと赤ちゃんがお見送りしてくれ、名残惜しくもお別れ。時間にも余裕を持って空港に到着するとマネージャーから宿のお母さんに頼んで用意してもらったというお弁当を渡されました。本当に感謝。

もうお昼前には東京だ、と思いきや、まさかの飛行機遅延。
40分遅れで10:00発とのこと! それなら朝ごはん、宿で食べる時間あったなあ。
それでも持たせてもらったお弁当のおにぎりが美味しく、空港のソファーで娘と競うように食べました。

帰りの飛行機では機嫌が悪く、泣き通しでしたが隣の女性が子持ちのお母さんだったらしく、優しく見守ってくださり助かりました。

羽田に到着し、そこから今回は地下鉄で自宅まで戻ります。夫が駅まで迎えに来てくれ、改札を出るや否やパパの姿を見つけた娘が「パパァーー!!」と叫んで胸に飛び込んでいった姿を見た時には思わず「連れ回してごめんね」と思ってしまいました。
ワーケーションで親子揃ってたくましくなったと思います。

ワーケーションを振りかえって

娘がもう少し大きくなるのを待ってから参加することも考えましたが、物心がつくかつかないうちから母の働く姿を一度見せておきたく(写真にも残るので)、普段と違う環境に数日間身をおく経験もさせてみたいという思いから今回参加に踏み切りました(あとこの制度がそれまで続いているかもわからないので。笑)。娘には大変な思いをさせてしまったけど、たくさん甘えさせることでチャラにしてもらおうと思います。それを踏まえてまた娘が幼稚園以降の年齢になった頃にはワーケーションに参加してみたいです。今回泣く泣く諦めた那智の滝などもリベンジしたいので和歌山にも再訪したい気持ちもありますが、家族だと候補に挙がらないような場所、車でないと行けないような地域に行ってみたいですね。

うちの娘は2歳半で、イヤイヤ期真っ只中なのと、自我が出てきて「自分が話の中心でない」と感じると大人の会話を中断させたがるようになってきています。やはり仕事の話をしている時にそうやって中断されると捗らないので、今後子連れで仕事の場合は一時保育サービスを利用するなど検討した方がいいのかもしれません。

夫は「旅行中に仕事しなくても」という考えなので家族旅行ではあり得ませんが、ワーケーション制度自体は旅行好きの自分にとってはとても画期的な制度なので、他の自治体も導入してくれると良いなあと願っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です