カイカブログ

フリーランスデザイナー カイカデザインのブログ
デザイン、html、wordpress等についてほとんど役に立たない単なる感想レベルのたわごとを綴っています

松本市美術館「不思議の国のアリス展」

せっかくブログ更新意欲が湧いているので、しばらくはこれまで行った美術展、美術館に関する記事をアップしようと思います。
数年分溜まっているのでかなり投稿の時系列がバラバラ&情報が古くなっている点はご容赦くださいまし、、、

今回は比較的最近、2019年の8月(お盆)に行ってきた長野県は松本市の松本市美術館「不思議の国のアリス展」について語ります!

この松本市美術館、以前から気になってたんですよねー。
だって…見てくださいよ、この外観。。これは目を引くでしょう(笑)

公式からお借りしました。

水玉ですよ?!! 入り口のすぐそばにマリオの世界のパックンフラワー的なのがいるよ?(いない) てか「YAYOI KUSAMA」って外壁にでっかくサインしてるよ?! もはや松本市立じゃなくて草間彌生キングダムだよね(跡部キングダム的な)??

自分が結婚して両家顔合わせなどで松本に通うようになってから知ったんですが、草間彌生さんは松本出身だそうです。なのでこちらの美術館も私のたわごとが当たらずとも遠からず、草間彌生ワールドな訳で(笑)。
実際松本駅周辺には草間彌生ドット模様のラッピングバスが走ってます。まじ草間城下町(笑)

水玉の缶はオブジェなので買えません!

館内に入ると、自動販売機もあーら水玉(笑)。これコカ・コーラと合っていてかわいいな。。
通常展では草間彌生作品がペイントから立体物まで色々楽しめます。かぼちゃのオブジェとか水玉プリントのイメージしかなかったんですが、手描きカンバスも緻密で目を惹きます。
彼女の制作の道のりや移り変わりも感じ取ることができて通常展だけでもかなり満足できます。

前置きが長くなりましたが、企画展のお話。
うん、まず最初に言っておくと、今回娘連れでしかも機嫌が悪かったので、あまりじっくり見られませんでした(爆)。く、悔しい…!!!

全体的には会場が原作のイラストタッチのテイストの展示空間にコーディネイトされていて、個人的にはすっごく萌えました。
まさに原作の世界に入り込んだような空間。でもBGMは娘の泣き叫ぶ声(爆)。

「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」の原作に関する展示や挿絵イラスト、装丁などじっくり見たい物が一堂に会していてですね、まあじっくり見れなかったんですけど(しつこいwww)。。

アリスと草間彌生のコラボも今回の目玉の一つだそうで、出口に到達するとこんな作品が

草間先生にかかるとアリスもかぼちゃの中に入ってしまうのか…ってシンデレラかーい!!
この作品、今回の目玉のようで、ミュージアムショップでこの作品のポストカードやノートなどたくさん見かけました。1枚くらい買っておけばよかった(しつこいwww)。。

そしてこちらもドーン!

奇跡的に機嫌が直った瞬間

展示会場の外にあったらしいSNS向け写真スポット。偶然水色のワンピースを着せていた自分、GJ(グッジョブ)www
これ、自分がやると痛々しいので娘連れてきてよかった(笑)。
そして、カメラを向けた瞬間だけ機嫌が直るという現代っ子(笑)。

ものすごくかいつまんだレポートになってしまいましたが、この美術館はまたゆっくり見てみたいですね。

そして企画展公式サイトを見て知ったのですが、これ、横浜でもやるやん…(無言www)
松本でのあの苦労は一体…www

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です